sit back & relax

脱・燻製ビギナーを目論むへっぽこアラフォー男の格闘

【ウチ飯】ポルチーニ茸薫る本格ボロネーゼ

ぎゅっと風味が濃縮された乾燥ポルチーニ茸は使い勝手が良くていろんな料理で活躍します。
保存も効くので我が家では常備食材のひとつなんですが、このポルチーニ茸を使ったボロネーゼがめちゃくちゃウマイのです!
来客のおもてなし料理の〆としても◎

ポルチーニ茸 ボロネーゼ

ボロネーゼ ミートソース【4〜5人分】
バター20g
サラダ油 適量
玉ねぎ(みじん切り)大2個
にんにく(みじん切り)…2かけ
塩胡椒適量
オリーブオイル 適量
合挽きミンチ400g
塩胡椒適量
★赤ワイン 1カップ
★乾燥ポルチーニ茸(みじん切り)40g
★ローリエ(炙る)2枚
★砂糖大さじ2
★コンソメパウダー大さじ2
ホールトマト缶2個
パルメジャーノチーズ &パセリ (お好みで)

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
乾燥ポルチーニ茸は最初にぬるま湯で戻してからみじん切りにしておきます。出汁をたっぷり含んだ戻し汁はソースに使うので捨てない!

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
サラダ油 or グレープシードオイルとバターを垂らしたフライパンで玉ねぎ(みじん切り)を炒める。しんなりしてきたら塩胡椒を振ってにんにく(みじん切り)を投入。中〜強火。

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
このくらいの色になってペーストっぽくなるまで炒めたらお鍋に移しておきます。

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
そのまま同じフライパンにオリーブオイル → 挽肉 → 炒める。ポイントは挽肉を混ぜないこと!混ぜたくなる気持ちをぐっと我慢。
「面」にしっかりヤキを入れていきます。肉の焼ける音が「ジャージャー」から「チリチリ」に変わってきます。

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
挽肉から出てくる余分な脂はキッチンペーパーで拭き取りましょう。
塩胡椒をしたら★を投入してある程度水気がなくなるまで強火で煮込みます。

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
しっかり炒めた挽肉は玉ねぎを入れていたお鍋に追加。トマト缶も追加して20分ほど中火で煮込む。
これでソースは完成!

ポルチーニ茸 ボロネーゼ
パスタは規定時間の1分前に茹で上げたら、フライパンでしっかりとソースに絡めて旨味を染み込ませると尚ヨシ!

ポルチーニ茸 ボロネーゼパルメザンチーズを削ってパラパラさせました。挽肉を混ぜないことで生まれるぼっそり肉肉感とポルチーニの薫り、トマトの酸味、焦がし玉ねぎの甘み。。
極上のボロネーゼミートソースの出来上がりです!

Return Top