sit back & relax

脱・燻製ビギナーを目論むへっぽこアラフォー男の格闘

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬

僕の地元でもある広島県産の大ぶりの牡蠣を入手したので来客に合わせてオイル漬けにしました。
年末にも作ったのですが、今回はオイルにハーブなんかも入れてみました。
該当記事:燻製牡蠣のオイル漬け

下茹で

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
牡蠣はボイルして身がぷっくりしてきたらザルにあげる。
残った茹で汁は牡蠣の旨味たっぷりのスープなので絶対に捨てないこと!
野菜を入れてスープにしたり、鍋の出汁にしたり、汎用性があって美味しいです。
ちなみに僕のオススメは牡蠣蕎麦ですが、詳細はまたいずれ。。

ピックル液

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
ボイル後の牡蠣はジップロックに入れてピックル液に漬けておく。今回は一緒に鮭も漬けてました。漬ける時間は一晩程度。

塩抜き

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
ジップロックから出した牡蠣を水を張ったボウルに入れて塩抜きを行います。だいたい3時間くらい。端っこを齧りながら塩っ気を確認してください。

燻煙(冷燻)

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
塩抜き後は大量のキッチンペーパーでしっかりと水気を拭き取る。
冷燻を1時間程度。個人的には燻煙時間を長くし過ぎると不味くなってしまうので要注意!
参照記事:マズーイ燻製あれこれ

オイル漬

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
牡蠣を瓶に詰めたら、オリーブオイルでひたひたにしてからローリエとローズマリーを投入。まだ食べずに冷蔵庫に保管しましょう。我慢!

完成!

牡蠣の冷燻 オリーブオイル漬
大ぶりの牡蠣の身が口の中でプチっとはじけて、薫香とオリーブオイルの濃厚なコクがブワーっと広がります。
漬け込む期間は2,3日くらいからもっと美味しくなって◎

簡単なのに圧倒的にオススメな牡蠣の冷燻、オイル漬け。まだやったことない方は是非!

Return Top